6割の企業が支払いに応じる!
中小企業も楽観視できないランサムウェア感染

6割の企業が支払いに応じる! 中小企業も楽観視できないランサムウェア感染


「身代金ウエア」被害企業、6割が金銭支払い

情報セキュリティ大手のトレンドマイクロは1日、パソコンのデータを勝手に暗号化し、元に戻す見返りに金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエアの被害に遭った国内企業のうち、6割が犯人の要求に応じたとする調査結果を発表した。
1000万円以上の「身代金」を支払ったケースもあった。

(2016年8月1日 日本経済新聞 電子版)より抜粋


ランサムウェア感染、
被害企業の6割近くが300万円以上を支払う!

トレンドマイクロ社は、企業や組織のIT施策において意思決定へ関与する534人を対象にランサムウェアに関する意識調査をインターネットを通じて実施。

調査対象の25.1%にあたる134人が、暗号化型、あるいはロック型のランサムウェアによる攻撃に遭ったことがあると回答。
そのうち暗号化型ランサムウェアの被害に遭った99人に対し、身代金の支払いについて尋ねたところ、62.6%が攻撃者の要求に応じて金銭を支払った経験があったという。
支払った合計金額を尋ねたところ、57.9%が「300万円以上」と答えており、1000万円以上を支払ったケースも16.1%あった。

さらに8.1%と1割近くが被害額を「1億円以上」としており、これには10億以上とする企業3.7%も含まれる。

3割超の企業がランサムウェア被害に楽観的だが、
あらゆる組織が被害を受ける可能性がある

また「自組織がランサムウェアの被害に遭う可能性があるか」尋ねたところ、「思う」との回答は65.2%にとどまり、34.8%は「思わない」と回答した。

被害に遭う可能性がないとする理由を、「自社は大企業または有名企業ではないから」とする回答が45.7%と半数近くにのぼったという。

ランサムウェアは、メールやウェブサイトの改ざんなどを通じて感染活動を無差別に展開しており、あらゆる組織が攻撃を受ける恐れがある。

動画で確認!
標的型攻撃によるパソコン乗っ取りの脅威と対策

(IPA Channelより)